アプリでできること

StoryPamは、簡単な操作でスマートフォンのカメラ映像と現在地地図を合成することができるアプリです。

StoryPam撮影例

StoryPam撮影例

StoryPam撮影例

簡単な操作

アプリをダウンロードしてインストールするだけ、難しい設定は要りません。起動してシャッターを切れば「写真」アプリにデータが保存されます。

縦向き動画に最適

StoryPamはSNSのストーリーズにアップしやすいように開発されました。日々の活動動画や写真。旅記録の共有に最適です!もちろんIGTVなどの縦向き動画プラットフォームにもアップできます。

チャットで待ち合わせ連絡に

写真だけでなく、地図も同時に記録できるのでそのまま送れます!編集なしでシャッターを押すだけなので受け取った方もわかりやすいです。

2つのモード

速度・標高・現在時刻・地図・カメラを同時に撮れるノーマルモード。地図とカメラのみのシンプルモードで用途に分けて使い分け!

撮影中も自撮り切り替え

StoryPamは動画撮影中でも背面↔前面カメラの切り替えができます。

フレンドリーデザイン

スマホを縦向きのまま活用できる地図&カメラです。操作も簡単で、広告非表示にする方法もシンプルです。

さまざまな場面で使い分けよう

街歩きに

ふと訪れた街で、地図と一緒に写真を撮りませんか?

待ち合わせに

写真だけでは場所がわかりにくかった事を解消!地図+自撮りでスムーズな待ち合わせを

電車での移動記録に

大切な旅の記録を縦向きのまま。普段の電車や特別は旅の記録にご活用ください。

飛行機に乗った記念に

StoryPamの強みはどのような速度でも計測できることです。飛行機のような速さでもGPSをつかんで現在地と速度を計測します。

本アプリについての詳細事項

≪主な機能≫
■まち歩きに最適、わかりやすい地図デザイン
・縦向きのまま、カメラと地図が利用可能。
・かわいいピンクの基本色。
・待ち合わせ場所の写真に地図だけではわかりにくい方へ。StoryPamならおまかせ。簡単に撮影できます。
・記録した写真や動画は「写真」アプリに保存されます。
・テレビで紹介された話題のお店や施設、イベント情報など地図付きでアピールしよう!

■徒歩・電車・車・飛行機などのどの移動でも利用できる
・速度表示は5桁まで表示可能。徒歩・電車・車・飛行機でもどのシチュエーションでも計測します。
・速度表示はkm/hとMPHの2種類。単位が異なる海外でも合わせやすい

■動画記録について
・1回の最大保存記録は10分です。その後、10分区切りで自動的に撮影されます。
・動画撮影中は前面後面のカメラを切り替えることができます。
・電話がかかってきた場合は、自動的に記録を止め、保存されます。

■シンプルでわかりやすい画面配置
・地図とカメラのみのシンプルモード
  (さらに、シンプルモードは地図の配置が変えられます。)
・速度、標高、地図、カメラの情報が撮れるノーマルモード

≪ご利用にあたっての注意事項≫
※スマートフォンの様々なセンサーを使いますので、各項目の承諾をお願い致します。
※Bluetoothイヤホン・マイクやスピーカー、車載器に接続中は、音声付き動画撮影ができません。
接続を解除してから「画面とマイクを収録」を行うか、「画面のみを収録」をタップし映像のみの動画撮影をお楽しみください。
※バッテリー残量が5%を切っている場合は起動できません。

■現在地情報について
AppleMapおよび当社は、本アプリにおいてお客様の位置情報を取得し、各社の利用規約やプライバシーポリシーにしたがって利用します。
・Appleマップ利用規約(リンク:https://www.apple.com/legal/internet-services/maps/terms-jp.html
・株式会社moegiのプライバシーポリシー(リンク:https://moegi.jp/privacy_policy.html

≪動作環境≫
iOS 13.0以上
※一部の機種では正常に動作しない場合があります。
※Bluetoothの音声デバイスとつながっている場合は音声を含めた撮影ができない場合があります。
本アプリケーションは、StoryPamの利用規約(https://moegi.jp/storypam/terms_of_service.html)をご確認のうえ、ご利用ください。

≪ご注意≫
GPSを使用するため、通常よりバッテリーを消費する場合があります。

Contact Us

Android版は、現在開発中です。